トップページ > 無添加と石油成分のジレンマ

無添加と石油成分のジレンマ

"スキンケアは毎日肌に直接触れるものだけに、その成分はとても気になります。
近年は、石油を由来とする成分が引き起こすアレルギーなどが問題となり、
無添加や自然派など肌に優しいことをうたっているスキンケア商品が多く製造されるようになりました。

しかし無添加や自然派のものが全て肌に合うわけではなく、また成分の一部分には石油系のものが使用されていることも確認されているようです。

そしてパラベンなどの防腐剤が入っていなければアレルギーになる可能性は低くなりますが、手についた雑菌が入らないように手洗いをしたり、温度管理がきちんとされなければカビが発生するため常に冷蔵庫に入れたりと、取り扱いをかなり慎重にしなければなりません。そうしなければ、綺麗にになるためしているスキンケアがカビや雑菌を顔中に塗っていることになり、かえって良くないためです。

そう考えると多くの人が使いやすく考えられた、防腐剤もスキンケア商品の状態を保つためある程度は必要なのかもしれません。

出来るだけ自然に近いものを使えるのが一番の理想だと思うのですが、現実にはなかなか難しいというのが本音です。

"

健康の為に整体を行なってみたい