トップページ > 季節の変わり目と片頭痛

季節の変わり目と片頭痛

"季節の変わり目で特に春~夏、夏~秋、は体調不良になる事が多いです。気温の差が大きく変わった日や、雨が降って次の日晴れるなど、湿度の変化が大きい時に特に症状が現れやすいです。
症状は色々とでますが、片頭痛が一番つらいです。
片頭痛はいきなりなるときもありますが、大体朝なんとなく頭が重い、なんとなく頭の後ろが痛い、そんな軽い症状からはじまります。この時点で薬を飲んでも飲まなくても、その日はひどくなることが多く、薬を飲めば少しひどくならない程度にしかなりません。また、仕事に行っても、一日寝ていても症状は変わらず、やっぱり夜になるとひどくなります。
片頭痛がひどくなると全く食欲がなくなり、ひどい時には吐き気を催します。ただ、次の日には治っている事が多く引きづることがないのが唯一の救いです。その為、季節の変わり目になると、憂うつなことが多いです。
今年はクーラーで部屋の温度を調節したり除湿器や加湿器で湿度を保つなどの努力をした事もあり、去年よりは片頭痛が減った気がします。"

プロが教えるメイクの仕方を一緒に学んでいきましょう!

お風呂に入るとたわしで足のマッサージを行っています